増額するためにはどうすればいい?

現在、総量規制と呼ばれる法律により、消費者金融での借り入れ上限は年収の3分の1までと定められています。これは1社で3分の1ということではなく、借り入れをおこなっているすべての会社を足して3分の1までに収めなければなりません。そのため、この上限に達している方は増額の申し込みは不可能と思ってください。

しかし、ほとんどの消費者金融会社は初めから総量規制いっぱいの借り入れをしてはくれないでしょう。したがって、増額の余地が残されている方は多くいるはずです。ならば、増額はどのように申し込めばいいのか、ここではそれをお伝えしていきます。

まず、もっとも手っ取り早いのが一定期間(たいていの消費者金融社はおおよそ6ヶ月ほど)しっかりと返済をおこなっていると、増額可能ですと連絡が消費者金融社のほうからきます。これに応待すれば、ほとんどの場合特に問題なく増額申し込みが通ります。

しかし、一定期間内の増額を申し込みたい、もしくは増額の連絡がこないといった方もいることでしょう。そのような方は増額ができないのか。答えは「できる」です。そういった方は自ら利用している消費者金融社に連絡しましょう。門前払い、ということはほとんどなくしっかりと増額の審査をおこなってもらえます。利用状況に問題がない方は審査に通る可能性がグンと上がります。また、この際に収入証明書、もしくは源泉徴収票といった収入を証明できるものを提出すればかなりの確率で増額審査に通ります。

結論として、総量規制にひっかからない限り、増額は可能です。そして、増額審査に通るためには毎月の返済をしっかりとおこなっていること、収入証明書の提出が鍵を握ることでしょう。ただし、各消費者金融社で増額審査の要項が変わってくるので、どの会社でも上記を満たせば増額できるわけではないということを念頭においてください。

メニューを閉じる