キャッシングの本人確認と在籍確認について

大手消費者金融にキャッシングの借り入れ申請をすると、主に信用情報への照会と本人確認とを含む審査が行なわれます。本人確認は、提出した免許証や保険証の写しを元に行なわれます。免許証や保険証の写しは、郵送でも送ることができますが、最近はスマホで撮影した本人確認書類の写真を各金融業者専門のアプリを使用して送ることもできます。

審査もかなりスピーディになっており、即日でキャッシングできる場合もあります。また、これらの本人確認書類に基づいた本人確認だけではなく、最終的には職場への電話による在籍確認が行なわれます。この職場への電話というのは、借りる側からすれば冷や汗ものであると思います。

金融業者が職場へ電話してくると、自分が借金をしようとしていることが会社にばれてしまうのではないか、という不安に襲われます。しかし、大手消費者金融は、職場へ電話して在籍確認を取りますが、そこで自分の会社名を名乗ったりはしません。

必ず個人名で電話をかけてきます。また、いきなり職場に電話をかけてくるのではなく、契約者の携帯電話に電話をかけてきて、在籍確認の電話をする旨を予告してくれます。消費者金融といえば悪いイメージが付きまといそうですが、大手は大抵が都市銀行と提携していたりするので、対応も非常に丁寧です。

また、在籍確認時に職場にいなくとも、在籍している事実さえ分かれば良いので、たまたまその確認の時間帯に不在であっても確認が取れる場合もあります。電話による本人確認や在籍確認で会社にバレることはありません。