専業主婦がキャッシングすることは可能なのか

専業主婦は収入がないため、キャッシングできないと思っている人も多くいていると思いますが、そんなことはありません。専業主婦は収入がなくてもキャッシングを利用することは可能です。

なぜ専業主婦がキャッシングできるのかというと「配偶者貸付け」というものがあります。日本の法律では「総量規制」という、個人の総借入額が年収の3分の1までと制限されており、専業主婦は年収がゼロなので、当然総借入額がゼロです。しかし、この配偶者貸付けを利用すると金融機関からキャッシングすることが可能になります。専業主婦の配偶者には安定した収入があることが条件で、配偶者の同意書と配偶者との夫婦関係を証明できる書類を提示することで専業主婦でもキャッシングすることができます。

専業主婦がキャッシングするならおすすめするのは「銀行カードローンを選ぶ」ことです。銀行というのは先程説明した「総量規制の対象外」とされているので年収の3分の1しか借り入れできないということはありません。そのため、専業主婦でも配偶者に年収があることがわかれば、キャッシングの利用が可能になります。しかし、銀行でも配偶者の収入があれば可能なところと専業主婦を一切対応していないところと分かれているので、キャッシングを申し込みする際に確認する必要があります。